> >

FOOD TOPIC チーズ

【食ニュース】一番健康に良いチーズの種類は?

投稿日:

Aliona Gumeniuk/Unsplash

ニューヨーク大学フードラボのディレクター、ルルド・カストロ・モルティラーロ氏が、栄養学のエキスパートの立場から、「最も健康的なチーズは何か!?」、アメリカの大手メディアCNNに語った記事を見つけました!

個人的に興味深かったので、ぜひ紹介したいと思います!

チーズの栄養とは?

Waldemar Brandt/Unsplash

チーズは、タンパク質、カルシウム、ビタミン、必須アミノ酸など、栄養が豊富。

一方でカロリーが高かったり脂肪分や塩分も高め、、、。

なので、良質な栄養分が摂れるチーズを選んで、食べすぎないことも大事!

リコッタチーズ

Aistė Sveikataitė/Pexels

ニューヨーク大学の栄養学のエキスパートの見解では、リコッタチーズは間違いなく「最も健康的なチーズ」なんだそう!

もともと、ペコリーノなどの別のチーズを作る工程で、固める際にでてきた「乳清」から作られてるチーズ。

この乳清は高タンパクで体に吸収されやすいみたいなんです。

さらに、幅広いアミノ酸も入っていて、筋肉をしっかりつけて脂肪を落とすのにベストなチーズみたいです!

ハード系のチーズ

Luigi Giordano/Adobe Stock

パルミジャーノペコリーノゴーダなどのハード系チーズも最も健康的なチーズの一つなんだそう。

ハード系のチーズは特に、カルシウムが豊富

さらに満足感も得られやすいからから食べ過ぎを防げるとも!

ただし、ソフト系のチーズに比べると塩分が高めなので注意は必要みたいで、高血圧の人や、腎不全の人など、塩分の摂取を控えないといけない人はソフト系のチーズの方がいいみたいです。

ダイエット中のチーズの食べ方

Alice Donovan Rouse/Unsplash

ダイエットのことを考えると、質の良いタンパク質が豊富で、脂肪分少なめのチーズを選ぶのがポイント。

カストロ・モルティラーロ氏によると、100calに対して10gのタンパク質が含まれるチーズを選ぶようにするといいようです!

タンパク質:カロリー=1:10

リコッタチーズはもちろん、ライトなスイスチーズチェダーチーズを選ぶといいみたいです!

健康に悪いチーズ

PublicDomainPictures/Pixabay

プロセスチーズ(缶に入ったもの、スライスされて個包装されているもの、常温でも保存できるもの)は逆に健康にあまり良いものではないので、なるべく食べるのは控えた方が良さそうです。

例えば、トースト用に薄く、四角くカットされたチーズやクリームチーズは、タンパク質があまり含まれてなく、脂肪分や塩分が高めの傾向があるので注意が必要みたいです。

まとめ

美味しくて、栄養価が高いチーズを選んで食べたいところですが、やっぱり食事のバランスが大事!

今回CNNに対して語っている、ニューヨーク大学フードラボのディレクター、カストロ・モルティラーロ氏も、野菜や穀物も一緒に食べることでよりヘルシーな食事ができると語っていました。

リコッタチーズをオートミール、フルーツと合わせて朝食にしたり、小腹が空いた時にスイスチーズを全粒粉のクラッカーや野菜と一緒に食べたり。

美味しくてヘルシーな食生活の参考になれば幸いです。

“What’s the healthiest cheese? The best options, according to experts”,CNN(2021/11/9)

https://edition.cnn.com/2021/11/07/health/healthiest-cheese-wellness/index.html

スポンサーリンク

記事下

スポンサーリンク

記事下

スポンサーリンク

-FOOD TOPIC, チーズ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【食レポ】仙台で食べた美味しい牛タン焼きのお店5選

このたび、仙台にいく機会がありまして、仙台名物の牛タン焼きのお店を巡りました。現地の方や食通の方に聞いたお店、食べログでの評価が高かったお店を中心に行ってみて、わたくしの独断と偏見で、印象に残ったお店を順番に紹介します。

【食ブロ】食べ物が将来足りなくなるかも知れないというお話について

私たちが今と同じように食べ物を消費してたら、将来は世界の全ての人に食べ物が行き渡らなくなるかもしれないというお話について